突然の訃報!弔電を打つ時のマナー


gf2230121843

人は本当にいつ死ぬのか分かりません。なので、訃報が飛びこんでくるのは日常的にあり得なくはないのです。
そのため、例えば出かけている時や、海外にいる場合などに訃報の連絡が来た時はどうしたらいいのでしょうか。
葬儀に参列するのは、やはりマナーではありますが、どうしてもいけない場合がありますよね。

そういう時は、弔電という電報を打つといいでしょう。電報はまだ電話が普及していない時代に
緊急連絡の時などに使われていたもので、現在では祝電や弔電などに使われています。
死んだら一度は逝ってみたい!絶景が見られる日本の霊園10選 – NAVER まとめ

弔電を打つ時、気をつけなければならないのが、宗教によって載せる言葉が違います。
特に、故人がキリスト教だった場合は、仏教用語を使ってはいけないのです。

仏教用語は、主に「お悔やみ」「冥福」「供養」「弔う」などです。

協会の場合は、「主、イエス様のもとへ召されましたと聞きました。安らかにお眠りくださいますようお祈り申し上げます」
と書くのがマナーです。仏教では死=終わりと考えれるのですが。キリスト教では死=神の元に召される(行く)という考え方なのです。

電報はとても便利ではありますが、故人や遺族の人の気持ちを察しながら書くようにしましょう。
また、なるべくなら葬儀に参列するのがマナーだと思います。