マッサージオイルは絶対に必要!効果が違う


E08714

マッサージを行う際には、オイルやクリームを使用することが多いでしょう。
これらは肌経の刺激を少なくすることと滑りを良くする働きがあります。

マッサージオイルの成分や効果は様々!

無数のオイルの種類が存在するのは、それぞれ効果が違うからです。
そのマッサージオイルは、自分で作る事もできます。
効果や成分がわかっていれば、オリジナルマッサージオイルを作ってみましょう。
その時の基本となるのが、キャリアオイルと呼ばれるものです。

代表的なものとして、ホホバオイルもスイートアーモンドオイル、グレープシードオイル、ピーチカーネルオイル、ウィートジャームオイルなどです。
もちろんそのほかのものもありますが、植物を主体とする天然のもので、マッサージしたい部位、マッサージによって得られる効果別に調合して作ることができます。

自分に合ったマッサージオイルを見つける

顔につけるもの、ボディ用、アロマを効かせたリラックス用など、自分だけのオリジナルマッサージオイルをつけることで、ピンポイント効果を得ることができます。

こだわりの技術を体感できるマッサージはこちら

オイルは油です。ベタベタとした感触が気持ち悪いという印象もありますが、マッサージをする時には、あの滑りが大切になります。
ですから、適当にテカテカとしていなければマッサージ効果も半減してしまうため、必ず必要とするものです。